カテゴリー:

アンティークミシンコレクション



 

 

SINGER社

model 99K

1927年(昭和2年)頃

スコットランド/クライドバンク工場

・軽量で持ち運びが可能な家庭用ミシンの需要の高まりに対応して生産された、フルサイズミシン66Kの2/3サイズのミシン。水平釜が採用されたモデル。

・使いやすく丈夫で信頼性の高いミシンで非常に人気がありました。

・ステッチの長さを調節する機構が目盛りのないネジタイプのため、初期モデルとみられます。

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







 

 

 

 

 

 

 

SINGER社

SEWHANDY  MODEL 20(NMハードケースモデル20)

1950年代 イギリス

・「S」のマークがかわいらしい、子供用手回し式チェーンステッチミシンです。

・女性の片手の手のひらに乗るぐらいの大きさです。

・子ども用のおもちゃのミシンで、説明書には文字の記載がなく、図解となっています。

・クランプ付きで、通常のモデル20タイプはテーブルにセットしますが、このケース付きタイプは、ケースにミシンをセットすることで、手元が広がり縫いやすくなります。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵

 







 

 

 

 

Jones Sewing Machine Company

ミディアム C.S タイプ9

1927年(昭和2年)頃 イギリス

・現在のJones Sewing Machine Companyとして知られるミシンの英国の製造業者により製造された手回しミシン。(足踏み台付き)

・裁縫師やテイラーのために作られたFAMILY C.S.シリーズよりも大きなサイズのシリーズです。

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







 

 

大和ミシン製造株式会社

(現ヤマトミシン製造株式会社)

DC-1H   1950年(昭和25年)頃

・3本糸オーバーロックミシン(モーター付き)

・戦前より工業用ミシンの輸入販売、製造及び輸出業務を行っていた大和ミシンは、1946年、国産第1号機「DC-1オーバーロックミシン」を完成、販売しました。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







 

 

 

 

SINGER社

スコットランド/クライドバンク工場

電動ミシン201K      1960年(昭和35年)製

・水平釜採用 アルミニウムボディで可搬性が高いミシンです。

・愛好家が多く、最もステッチが美しいミシンと言われています。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







 

Grimme Natalis&Co.

Atlas “B” イギリス ロンドン CAMDENTOWNにて製造

1894年(明治27年)から1911年(明治44年)頃製造されたミシン

価格は39シリングで4年間保証でした。

清掃、調整をして試し縫いしてみました。今でも現役です。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







東京重機工業株式会社(現JUKI株式会社)

1947年(昭和22年)家庭用ミシン1号機

・東京重機工業株式会社は、元々昭和13年に軍需工場として設立されたが、終戦とともにミシン製造を開始。

・1951年から5年間お年玉付き年賀状の特賞商品に選定されており、当時の庶民の憧れの的でした。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







ブラザーHA-1型

ブラザーHA-1型

ブラザーHA-1型

ブラザーHA-1型

ブラザーHA-1型

ブラザーHA-1型

日本ミシン製造株式会社(現ブラザー工業株式会社)

家庭用HA-1型 1950年(昭和25年)頃

・上海に向け輸出もされた、人気のブラザー家庭用ミシン。

・本体裏側には日本ミシン製造株式会社の頭文字Nとミシンの商標である「BROTHER」の頭文字Bがデザインされています。

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







カリーニンミシン

カリーニンミシン

カリーニンミシン

カリーニンミシン

カリーニンミシン

ポドリスクエンジニアプラントPMZ

カリーニンミシン

ソビエト連邦(現在のロシア) 1930年(昭和5年)頃

・手回し式ミシン

・元々帝政ロシア時代にロシア、ポドリスクにあった、シンガーミシンの工場が第一次大戦後に国営化され、製造されたソビエト製ミシン。

・1930年代には52万代のミシンを製造するまで成長しました。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







ジャノメHA-1

ジャノメHA-1

ジャノメHA-1

ジャノメHA-1

ジャノメHA-1

ジャノメHA-1

ジャノメHA-1

帝国ミシン株式会社

(現蛇の目ミシン工業株式会社)

蛇の目ミシン 家庭用HA-1型 1948年(昭和23年)頃

・直線専用102型ミシン

・戦後の混乱の中、ミシン業界において「ミシン製造会」が発足し、当初帝国ミシン(ジャノメの前身)の代表だった前田増三氏の呼びかけで、国産家庭用ミシンの規格寸法が統一され「家庭用HA-1型」と呼ばれました。

・当時はどのメーカーもこの形のミシンが販売されていました。

・当時大卒国家公務員の初任給が3,000円の頃、23,000円で販売。

 

西日本ミシン販売株式会社 所蔵







Profile

ミシンのことでお悩みのお客様は是非当店へお越し下さい。豊富な知識と品揃えでお客様をお迎えいたします。
ミシンのご購入、ご相談はもちろん、修理対応も可能です。お困りの際は、是非近くのミシンのオズまでお越し下さい。
※インターネット通販も大好評運営中!






2018年7月
« 6月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  






↑









西日本ミシン販売株式会社

営業時間:月~金曜日(祝日を除く)
当サイトに掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。


COPYRIGHT OZU ALL RIGHTS RESERVED.